神奈川県川崎市の塾|OKUNO塾のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばのOKUNO塾

2023年の進路希望調査を見て

進路希望調査の結果が発表された。

取り急ぎ、全日制普通科のデータはブログにまとめてある。

 

okunojuku.com

 

 

川崎市だけで言うと、

多摩、新城、生田、住吉は人気が去年よりも落ち着いている。

 

一方で偏差値50前後の

橘、高津、麻生は去年よりも人気が上がっている。

 

特に橘はかなり高い数値となっている。

 

 

まぁでも、そこまで進路希望調査を気にしてはいけない。

あくまで10月20日時点での進路希望。

進路希望調査の結果を見て、志望校を変えるなんてことはしなくていい。

 

 

倍率に関係なく、入試の日まで少しでも得点を上げ続けることに

こだわった方が良い。

 

また、志望校を変えようと思うのであれば、

それは2月の頭に可能である。

今は少しでも学力を伸ばすことに専念すべきだ。

 

そして、2月の頭の出願の時に

自分の志望校を確定すれば良い。

変更したければ変更すれば良い。

 

 

この時期悩む気持ちはわかるけど、

一番よくないのは、悩んで勉強時間が減ること。

 

悩んで悩んで結果が良くなるなら良いけど、

勉強時間が減って点数が下がるなら

悩む時間を勉強に回した方がいい。

 

 

受験が終われば、晴れて高校生。

 

 

結果がどうであれ、

数十年後に振り返った時、

『あのときは毎日大変だったけどよく頑張ったなぁ。』

と振り返られるようになってほしい。

 

そうすれば、100点満点である。

 

一生懸命努力した先には、必ず得られるものがある。

それは合格という結果だけではない。

そのときには、わからないこともある。

 

だからこの努力の答え合わせは数十年後で良い。

中3は入試対策でどんどん得点力を上げていく

中3はどんどん実践問題を解いている。

 

昨日の授業は、英語と数学と社会。

なるべく毎回の授業で5教科に近い科目数をやっている。

こうすることで、頻繁に復習もでき、

より忘れにくくなる。

 

とにかく残り3ヶ月は工夫しながら授業をしていかないといけない。

実践問題を解くこの時期は、解き方にこだわって授業をしていく。

 

それが如実に出るのが数学。

OKUNO塾では数学の入試問題や予想問題を使うとき、

解説の解き方を全く見ない。

なぜなら、時間がかかりすぎるから。

 

例えば、過去問を見ていただければわかる。

数学は本当に過去問の解説がダメダメである。

 

これには理由が1つあって、指導要領の中で

解説を書かないといけないという制約があるからであろう。

だから、周りくどいし時間もかかるし、全然実践的ではない。

 

個別指導塾とか、塾を利用していない中学生とかは、

過去問の解説を頼りに勉強しているが

残念ながら、そういう生徒は残りの3ヶ月で伸びていかない。

 

 

理由は簡単で、実践的な解き方がいつまでも身につけられないから。

30秒で解ける方法があるのに、それを使わずに解説の5分かかる解き方を

鵜呑みにしてしまうから、伸びていかない。

 

この時期って、一人での学習ではなく

ちゃんとサポートしてくれたりアドバイスしてくれる先生が必要。

個別指導だと大学生の先生が過去問の使い方を

熟知していない可能性があるからややリスキーである。

 

そういう意味でも、ちゃんとプロの先生に教わった方が良い。

 

 

今、OKUNO塾の授業では、

そういったより短時間で解ける解き方をたくさん教えている。

全く解説は読まない。

解説以上に良い解き方を、自分で発明しろ!と生徒に言っているので

生徒たちにとっては相当大変だと思う。

 

でも、生徒たちの実力はここから相当伸びていくと思う。

今、数学は徹底的に大問4の関数に時間をかけている。

 

神奈川の大問4(関数)は3問構成で作られている。

1の正答率は90%くらい、2は70%くらい

そして3は正答率が5%ほどだ。圧倒的に難しい。

ここをどうやって得点するか。

多摩高校や翠嵐高校を狙う生徒にとっては

非常に重要な問題である。

 

当然100人いて5人ほどしか解けない問題なので

めちゃくちゃ難しい。時間もかかるだろう。

でも、もし得点できれば配点も高いので周りと差をつけられる。

 

だから、徹底的に演習している。

 

しかも、解説に載っている方法とは違う解き方でね。

早速その効果が出てきたと思う。

解ける生徒がどんどん増えてきた。

正答率5%でも、OKUNO塾では正答率30%以上取れるのではないか?

そう思っているし、そうなるように徹底的に教えている。

 

残りの期間で中3はどんどん伸びていくよ。

 

今後が非常に楽しみである。

まだまだできることはたくさんある。

 

でも、戦略を間違えれば、

全然伸びない3ヶ月にもなる。

 

我々講師も、過去問を徹底的に分析しないといけない。

そうやって、ゴールから逆算して対策をさせる。

頑張ろう!

2022年冬期講習について

OKUNO塾では

12月24・25・26・27・1月4・5・6・7の8日間が冬期講習期間となります。

 

冬期講習は中学3年生だけが対象なので、

小学生と中1・中2はありません。

※講習期間中はどの学年も通常授業があります。お間違えのないように。

 

 

冬期講習の内容は今週中にご連絡します。

なぜ勉強が得意な生徒の親御さんの方が行動が早いのか?

前々から思っていること。

学力が高い生徒の親御さんには共通点がいくつかあって、

その中の1つに、前もって行動するというものがある。

 

例えば、

中学1年生のうちから、高校見学をいくつも行っていたり

小学生の低学年から英語教育を始めていたりと、

早め早めの対策をしている印象がある。

 

優秀だから行動が早いのか、

行動が早いから優秀になるのか、

どちらが原因でどちらが結果なのかはわからないけど、

とにかく行動が早い。

 

これは、エリア的な影響もあるだろう。

地方の田舎なら情報感度が高い親御さんはそこまでいないと思う。

中3になってから塾を探すなんてことも割といるだろう。

でも、この辺りはそんな生徒はほぼいない。

 

そもそも神奈川県は

中学生の通塾率が全国で一位である。

神奈川の中でも川崎や横浜は特に率が高いと思う。

 

体感では、公立中学に通う中学生の通塾率は

中1で70%くらい。

中2で85%くらい。

中3で90%くらいだ。

 

教育への関心の高さが

行動スピードの速さにつながっているのだろう。

 

何はともあれ、

塾としては行動が早い方がいい。

中3で塾に来るよりも、小学生のうちから塾に通っている生徒の方が

学力が高くなるからだ。

 

OKUNO塾では小学生クラスから

高校入試を意識しているので、

思考力の問題や、読解力の問題などをたくさん扱う。

こういう生徒がどんどん結果を出していくのだろう。

 

楽しみである。

先生なりにおすすめの塾を教えてください。

よく塾の先生たちと話すと、

どこの塾がおすすめか?みたいな話になる。

(もちろん、自分が教えている塾以外で)

 

塾の先生は、同業の塾に詳しい。

当たり前か・・

だから、塾の先生がおすすめする塾って

本当に良いところばかりだと思う。

 

私も、この塾はいいなぁと思う塾がある。

本当に少ないけどね。

京都府京都市のとある塾。

埼玉県川越市のとある塾。

宮城県仙台市のとある塾。などなど。

 

勝手に名前は出せないが、

色々な先生から話を聞く限り、良いなぁと思う。

 

 

良い塾に共通していること。

それは、

・厳しいこと。

・継続力を重視していること。の2つ。

 

 

つまり、授業に来て、勉強をすればOK。

みたいな塾ではない。

授業がない日も、勉強させる。

こういう仕組みが整っている塾は、

個人的には良い塾だと思っている。

 

だって、週に2回の授業だけで学力は伸びないからね。

毎日コツコツ勉強しないと学力は伸びない。

そのためには、授業外の管理を徹底しないといけない。

 

でもこういう塾は少ない。

なぜか?理由は非常にシンプルで。大変すぎるからである。

もっというと、コストがかかりすぎる。だから、やらないのだ。

 

大手塾で授業日以外も勉強の管理をしている塾なんて

1つもない。やっていたら、どこも大赤字になるだろう。

だから、私がいいなぁと思う塾は、全て個人塾である。

 

本当は名前を出したいんだけどね。。。

 

 

まぁもし聞かれたら直接お答えします。

友だち追加