神奈川県川崎市の塾|OKUNO塾のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばのOKUNO塾

思うように伸びない。なぜなのか?

小学生クラスの生徒で、

思うように伸びていない生徒がいる。

 

私は、伸びないのには絶対に理由があると思っているので、

なぜなのかをずっと考えていた。

 

 

本人曰く、宿題もちゃんとやっているとのことなので、

ますます不思議である。

 

 

でも、その理由が先日の授業で分かった。

 

その理由とは

 

 

「宿題をやっていないから」だ。

 

 

あれ?やっているってことじゃなかったの?

と思うかもしれないが、

よくよく見ると、やっていないことが分かった。

要は、やっていると嘘をついていたのだ。

 

なぜそのことに気づいたかというと、

小学生クラスでは毎日算数の計算問題を宿題にしているのだが、

宿題で解いてきた計算には途中式がほとんど書かれていない。

確かに暗算でできる問題もあるが、

その日の宿題は、絶対に暗算ではできない問題だった。

 

8.88÷37とか6.51÷93とか。

 

でも答えには、暗算で0.24、0.07と答えが書いてあった。

これが暗算でできるレベルだったらたしかに嬉しいが、

この生徒はそこまで計算ができるわけではない。

にもかかわらず途中式も一切なく解けていた。

 

これはおかしいなぁと思ったので、

本人に聞いてみた。

 

「これって答えを写した?」

すると生徒は、『いえ、ちゃんと解きました。』

と言う。生徒が言うことは信じてあげたいので、

「じゃあこの問題解いてみて!」と全く同じ問題を出してみた。

 

でも、結果は全く解けなかった。

 

ということで、

もう1度、「答えを写したの?」と聞いた。

すると今度は、『あっ確かこの時はお母さんに教えてもらいながらやったんでした。』

とのこと。

さっきと言っていることが違う。

大体話が二点三点する生徒は、誤魔化そうとしている。

 

 

お母さんに答えを教えてもらったってこと?

と聞くと、

『そうではなくて、ヒントをもらいながら解きました。』

 

 

んー。

もしそうだとすると、なぜ途中式がないのか?

これが全くわからない。

ヒントをもらいながら書いたのであれば、

教えてもらった式とかが書いてあるはずなのに。。。

 

 

それを生徒に伝えると、しばらく黙ったのちに、

『あっそうだ。この問題は解けなかったので電卓を使ってやったんでした。』

とのこと。

 

 

。。。

 

 

呆れてしまって

これ以上言及することはしなかったが、

思うように伸びない原因が分かった気がする。

 

 

おそらくこれまでも解いていなかったのだろう。

電卓を使ったり、答えを写したりしていたのだろう。

 

このことに親御さんは気づいているのかな?心配である。

 

 

当塾としては、まずはちゃんと解くことが大事なので、

怒るのではなく、どうやったらちゃんと解くようになるのかを話し合った。

 

生徒は、今後はちゃんとやる!とのことだったので、

このことは親御さんには伝えていない。

でも、もし次同じようなことが起きたら伝えようと思う。

 

伸びないのには、やはり原因がある。

塾は、原因の特定だけでなく、それを改善させないといけない。

改善させることが最も骨の折れることだ。

 

皆がちゃんとやってくれればいいけど、

そうではないのが、教育なんだよね。

怒りたくなる気持ちをグッと堪えて、

ちゃんと本人と話し合うことが大事。

でも、怒りたくなることだってある。

 

でも感情的に怒っても効果ないから、

とにかく話し合うこと。

 

これに尽きるね。

川崎市の塾として

知り合いの塾の先生に、

「塾+地名」で調べても出てこなくない?

と言われて、慌てて自分でも調べることにした。

 

たとえば、

「塾 武蔵新城」で調べると

1ページ目か2ページ目くらいには出てくる。

(これって自分のスマホだけなのかな?)

 

次に「塾 武蔵中原」で調べると

全然出てこない。泣

最寄りが武蔵中原駅の生徒もいるのに。。

何なら武蔵小杉が最寄りの生徒もいるのに。。。

 

さらに

「塾 川崎市」で調べてみると

もう全く出てこない。。。

OKUNO塾は川崎市にはないのか。。。

 

あまり検索の仕組みはよくわかっていないのだけど、

日頃から武蔵新城だけでなく、

武蔵中原」とか「川崎市」とかっていう言葉を

意識して塾ブログを書いていかないと

認知されないんだなぁと感じた。

 

そのほかにも、「南武線」とか「溝の口

っていうワードも入れていかないとね。

 

逆に武蔵小杉の生徒たちは

どうやってOKUNO塾を見つけたのか?

しかも1名や2名ではなく多くの生徒が通っていることを考えると、

本当に不思議である。

 

 

塾としては、

口コミで生徒が増えていくことに慢心せず、

自ら発信していかないとね。

ただでさえチラシをやっていないのだから、

ブログは毎日発信していかないとね。

展開図問題を鍛えるためのおもちゃをゲット!

小学生のアクティビティクラスのために

日頃から勉強に役立つおもちゃを買い集めているが、

久々に「これは良い!!」というものを手に入れた。

 

それがこれ。

f:id:okunojuku:20230117172440j:image

 

小学生ピタゴラスというおもちゃ。

 

サイコロの展開図など、

平面で描かれたものを組み立てる問題が

特色検査ではよく出題される。

 

ずっとこの対策をどうしようか悩まされていた。

絵で描いてもなかなか理解できないし、

毎回、折り紙を切ってサイコロを作っていくとなると

授業の時間が削られてしまうし。。。

 

 

でも、ようやく見つけた。

このおもちゃは図形の四隅に磁石がくっついているので

組み立てることができる。

 

こういう経験は小学生の時にやっておかないとね。

将来、多摩や翠嵐などの難関高校に入学することを見据え、

小学生のアクティビティ用のおもちゃとして導入する。

 

展開図を組み立てる経験を積んだ小学生は

特色検査の問題がかなり得意になりそう。。

やはり、遊びながら学ぶのは小学生のうちにやらせないとね。

 

特に立体図形などは

いかに小さい時に手で触れて遊んでいるかで

中学生以降の出来が変わると思う。

 

小学生クラスはアクティビティを全員参加にしたいくらい。

 

 

いますぐは効果が感じられないかもしれないけど、

中3になったらその効果が実感できると思う。

 

今後もこういった遊びながら学べるおもちゃを

どんどん小学生のアクティビティに取り入れていきたい。

 

新年度の生徒、募集中です。

OKUNO塾は現在、

新年度の生徒を募集しております。

 

当塾は4月からではなく、

3月から新年度を迎えます。

 

なぜ3月から新年度になるかと言うと、

神奈川県の高校受験が2月の中旬にあるからです。

全国で最も早く入試を迎えるのが神奈川県。

 

全国的に見れば3月に高校受験がある県が多いので、

神奈川だけが異常に早いですね。

ということで高校受験の日程に合わせて

3月から新学年となります。

 

 

募集学年は

新小学4年生〜新中学3年生となります。

ただ、新中学3年生現状1名しか空きがないので、

入塾をお考えの方はお早めにご連絡ください。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

休校でも仕事は山積み

休校日

授業は無いとはいえ、仕事は大量にある。

 

雇われ講師の時と違って、

今は全てを一人でやらないといけない。

授業準備をして、授業を行う。

だけで良かった時が懐かしい。あの時は恵まれていたなぁ。

 

授業をやりながら、

一方で塾の運営をしないといけない。

雇われ時代も忙しいと思っていたけど、

そんなのの比じゃないほどやることがある。

 

 

昔はやっていなかったことは

その多くが授業ではなく運営にまつわることだ。

 

無くなったものや、壊れたものは補充しないといけない。

今は、Amazonアスクルがあるので、ワンクリックで

あらゆるものが届くけど、でもお菓子やジュースは

近くのスーパーで買うので、毎回肉体労働である。

 

でも、そこら辺はまぁまだ大丈夫。

やはり、最もめんどくさいことはお金の管理である。

 

授業料をお支払いいただく入金。

テキストを買ったり、備品を買ったりする出金。

アルバイトの先生へのお支払い。

そしてそれらを全て帳簿へつけて、税金が確定する。

 

この一連のお金の管理がもう本当にめんどくさい。

 

こういうことって学校では全く教えてくれなかったから、

ものすごく自分で勉強しないといけない。

塾のHP作りの時もそうだったけど、

右も左もわからないことを自分で勉強していくのは、

割と大変なことである。

 

私は、新しいことを学ぶことに抵抗が少ないのでまだ良いが、

そうではない人たちからしたら、

1からHPの作り方を学ぶとか、かなりめんどくさいんじゃないかな?

 

そもそもどうやったらネットで検索して

ページが出てくるか?意味がわからないだろうし、

まず何をやったら良いかが全然わからない。

 

全て1から自分でやっていくと、

何度も何度もこういった「何をしたらいいの?」ということに出くわす。

 

・開業するためには何したらいいの?

・HPを作るためには何をしたらいいの?

・アルバイトを雇うためには何をしたらいいの?

 

 

とにかく調べて、問い合わせをして、

ということを繰り返していって今に至る。

本当に大変なことだらけだよね。

 

 

でも、こういうことに抵抗なくできるのは、

学生時代に勉強を頑張ったからだと自分に言い聞かせている。

何というか、諦めないで調べて解決する能力は

学生時代に身についたものだと思っている。

 

 

その時は、勉強ってなんの役に立つのだろう?

と思っていたけど、

こういった未知のものへの対処法とか、

あるいは1から新しいことを学ぶことへの抵抗を減らすことに

学生時代の勉強ってのは大いに役立ったと思う。

(もちろん、もっとたくさんの意義があるのだろうけど。。)

 

 

そう考えると、今生徒たちが毎日取り組んでいる勉強ってのは、

学力を上げる以外にもたくさんの意義があると思うから、

ぜひ頑張ってほしい。

友だち追加