武蔵新城の塾|OKUNO塾 塾長のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

OKUNO塾の小学生たちは伸びていくぞ!

OKUNO塾の小学生たちを見ていると

どんどん伸びていく。

 

なぜかというと、

入塾してから保護者の意識が変わるから。

 

いや、OKUNO塾の授業連絡によって

保護者の方々が教育に深く、

そして具体的に関わるようになるから。

というのが正しいだろう。

 

授業連絡とは、

毎回の授業の終わりに

今日の勉強でできたところや

できなかったところ、

またできない場合は、具体的な解決策などを

保護者の方に公式LINEで伝える。というもの。

 

塾の保護者の方々を見て関心するのは、

アドバイスを行動に

「すぐ(ここ大事)」移す親御さんが多いこと多いこと。

本当にすごいなぁと思う。

 

たとえば、

英語の発音を覚えるためには

アルファベットから音を推測する必要があり、

そのためにはタイピングゲームなどでローマ字を

覚えるといいですよ!

と伝えると、

すぐに子供に

好きなアニメキャラが描かれたキーボードを買って

実践させている保護者がいる。

この行動力。すごい!

 

アドバイスって、

確かに良いなぁと思っても、

なかなか行動に移せる人は少ないと思っていた。。

 

ただ、生徒の保護者の方々を見ていると、

全くそうではなく、

すぐにおすすめした参考書を買ったり、

歴史のアニメを見させたり、

博物館に連れて行ったりと、

行動力がすごい。。

 

これは、伸びるでしょ。

 

しかも、中学受験をするわけではないから

ストレス与えまくり、無理させまくりという状況ではない。

伸び伸びと、ゆっくり、

基本的には褒めながら伸ばしていく。

 

だからみんな、

勉強嫌いにならない!

宿題を必ず終わらせてくるし、

サボっていたり適当にやっていたりするそぶりがない!

小学生でこれができるってすごい!

(普通はさぼりたいよね笑)

 

 

ちなみに、授業連絡を始めた理由は、

結局小学生は親の意識が変わらないと

何も変わらないと気づいたから。

 

これ、

くもんから自分自身が学んだこと。

 

くもんは、ものすごくよかった一方で、

1つだけ足りないなぁと思ったのが、

授業連絡。

 

どの問題をミスしたか?

どういうふうにミスしているのか?

なぜそのようなミスをしてしまうのか?

どうしたらそのミスをしなくなるのか?

 

授業連絡がないから

これが分からない。

 

ちなみにそれ以外は、とても良いシステムで、

段階的に学んでいけて、先取りもできる。

料金も高くない。

 

だからOKUNO塾の小学生クラスは

くもんと同じシステムの

自立型学習を採用した。

しかも料金も全く同じにした。

 

そして、

唯一足りなかった、

授業連絡システムを取り入れた。

 

これが予想以上に保護者の意識を変え、

生徒たちの学力が伸びていく。

 

最近では保護者の方から

「おすすめのテキストはないですか?」

と聞かれるようになった。

 

今後もっと伸びていくだろうな。

友だち追加