武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

次の学年のテキストをください。

中学2年生の生徒から

「中2の理科が全て終わったの中3のテキストをください。」

と言われた。

 

OKUNO塾の生徒たちは

毎日勉強をするので、どんどん先に進んでしまう。

勉強しない日がない。

 

土日?

もちろん勉強する。

祝日?

もちろん勉強する。

ゴールデンウィーク

もちろん勉強する。

年末年始?

もちろん勉強する。

 

だから

1日30分でも、

数ヶ月で自分の学年の勉強は終わってしまう。

圧倒的な継続力がOKUNO塾の強みだからね。

当たり前のこと。

 

テキストが終わったら、先に進むか

同じ学年の別のテキストを渡すかは、

先生と生徒が話し合って決める。

 

学力的に、もう1回やった方がいいと思えば、

同じ学年の別のテキストを渡す。

なぜ、別のテキストを渡すかは、

過去に塾ブログにも書いたので、抜粋する。

なぜ、異なるテキストを使って5周も行うかというと、同じ範囲をいろいろな問題で解くことで、答えに対する問いに数多く触れられるからでです。たとえば、次の4つの問いを見てください。

  1. 植物が光を受けて栄養分を作るはたらきを何というか。
  2. 葉緑体で行われるはたらきを何というか。
  3. 植物は、生きていくために必要な栄養分を食物から取り入れる必要がない。それは植物が何というはたらきを行なっているからか。
  4. 植物の葉が互いに重ならないようについていることにより、葉の葉緑体で何のはたらきをさかんに行うことができるか。

4つの答えはどれも「光合成」です。同じ答えでも、テキストによってこれだけ問いの作られ方は異なります。当然1冊のテキストだけでは、これだけの問いに触れることはできませんね。そのため、異なるテキストを使って勉強することが大切なのです。

OKUNO塾の定期テスト対策方法 - OKUNO塾

 

一方で、先に進んでも問題なさそうだと思えば

次の学年のテキストを渡す。

指導において、全生徒同じことをする

ということはありえない。

 

学力も性格も、全員異なるので、

計画立ては、1対1で個別に行う。

 

たとえ兄弟であっても性格や学力は全然違うんだから、

一人ひとり変えるのは当たり前。

OKUNO塾は授業は集団指導、

それ以外は全て個別で対応するハイブリッド型である。

 

今回の生徒は、次の学年のテキストを渡した。

入塾したすぐに受けた定期テストは341点、

次のテストが360点、

そして、今回のテストでは402点。

確実に伸びてきている。

だから、次の学年のテキストを渡した。

 

おそらく2年生のうちに

3年生の内容がすべて終わるだろう。

こうやって、自分の基準をどんどん

高めていけるのもOKUNO塾の特徴。

 

3年生の勉強は3年生がしないといけない

なんてことはない。

できるなら、

どんどん先に進めばいい。

 

生徒もそれを理解している。

だからどんどん先に進む。

やる気のある生徒を止めるのではなく、

もっとやる気にさせる。

 

それが塾の使命。

友だち追加