武蔵新城の塾|OKUNO塾 塾長のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

授業中の自習時間

OKUNO塾の中学生クラスの授業では、

授業中に自習時間を取ることがある。

 

そもそもなぜ自習時間があるかというと、

授業のカリキュラムに理由がある。

 

 

授業は

時間内に終わらなくなることはまずいので、

余裕を持ってカリキュラムを組んでいる。

90分の授業なら、

80分ほどで終わるようにしている。

 

 

なぜ時間が完璧に読めないかというと、

問題を解く時間を確保しているからである。

 

 

塾によっては、

問題を解いている途中の生徒がいても

時間で強制的に切るところもあるが、

OKUNO塾では途中で切ることはしない。

だから、時間が完璧には読めない。

 

 

ちなみに、時間で区切ってしまうと、

勉強ができる生徒以外、

消化不良で終わってしまう。

それでは、全員の学力は伸ばせない。

 

 

もちろん、時間で区切るのが

先生としては一番楽である。

なぜならカリキュラムをピッタリの時間で組めるから。

 

でも、対生徒の授業を

機械的に時間で区切るのは、

完全に先生都合なので、

生徒の成績を伸ばすことを考えると

やるべきではない。

 

 

あと、最近は

あえて自習時間を作っているところもある。

緊急事態宣言が解除され、部活が長引いてきて

だんだん時間的に余裕がなくなっている。

 

OKUNO塾では、授業日も宿題があるので、

22時に授業が終わって、

帰ってから行う宿題が大量にあると

寝る時間が遅くなる。

 

 

中学生の睡眠時間は非常に大事なので、

なるべく授業内で終わらせられるように

あえて自習時間を取っているというわけだ。

 

 

睡眠時間を削ってまで勉強して欲しくないので、

塾の日は家に帰ったら30分ほど勉強して、寝る。

こんなリズムを作れたらなと思っている。

友だち追加