武蔵新城の塾|OKUNO塾 塾長のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

残り100日!

2月15日の高校入試まで残り100日!

 

 

いよいよ今年もこの時期が始まる。

 

 

毎年中3の受験生を見ているので、

今年の代はどうなのか?

過去の代と比べることができる。

 

 

現状、中3生の進捗は以下の通り。

・公立高校を目指す生徒は中3までの内容が終わり、過去問対策に入っている。

・私立の推薦を目指す生徒は推薦内申基準に残り「1点」にまで迫ってきたので、11月の定期試験で高得点を取り、何がなんでも内申を1点上げる。

 

 

いいペースだ。

 

 

全員が第一志望合格できるように、

コツコツ努力してきた。

 

 

OKUNO塾は昨年開校したばかりで、

中3生は現在5名しかいないが、

全県模試の偏差値は

生徒A:64→74(10アップ)

生徒B:49→66(17アップ)

生徒C:43→54(11アップ)

生徒D:41→56(15アップ)

生徒E:37→49(12アップ)

と全員が2桁アップしている。

 

 

一人残らず

全員の学力が数値として上がっているのは、

本当にすごいことだと思う。

みんなコツコツと毎日勉強して、

地道に成績を上げてきた。

 

 

OKUNO塾は入塾テストもないので、

入塾時は勉強が苦手な生徒がこの代は多かった。

偏差値で言うと、40前半が多かった。

基礎的な内容すら理解できてなくて、

初期は授業が思うように進まなかったこともある。

 

 

ただ、夏休みの講習以降

徐々に実力が結果として現れるようになり、

今の偏差値に至る。

また、授業もだいぶスムーズになってきた。

 

 

当然学力が上がれば、

入塾時に考えていて志望校よりも

上を目指すようになる。

 

 

以前は

『A高校に行きたい!』と言っていた生徒も

学力が上がると、

『A高校より進学実績のいいB高校に行きたい!』

となる。

「A高校なら今の実力で受かるよ」と先生が言っても、

『いや、B高校を目指します』と。

 

 

能力が上がると、さらに上を目指したくなるのは

人間のもともと持っている性質のような気がする。

 

 

何はともあれ、

12月頭ごろに発表される内申点で、

最終的な志望校を決める。

今できることは、

11月の定期テストの点数を上げ、

中3の内申点を上げること。

 

 

卒業までもう少し。

 

 

残りの100日間も

これまでと同様に「毎日勉強」で

頑張り続けてほしい。

友だち追加