武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

野生動物の保護施設=学習塾

2月という時期は、塾で働いている人たちにとってなかなかタフな1ヶ月だろう。

 

なぜなら、中3の高校入試と、中2・中1の定期試験がダブルでやってくるからである。

 

中3の授業は、入試の予想問題をたくさん解いて弱点を克服していく。もうこの時期から急激に伸びるというのはほとんどなくて、残り1ヶ月は、各科目5点UPさせる気持ちで単元を絞って対策していくべきだ。

 

あれもこれも対策する生徒は、結局1つ1つが浅くなってしまうし、何より準備不足感が否めない。だからこの時期から急に焦って勉強しだしたり、自分の苦手単元が把握できていなかったりする生徒は、なかなか志望校合格は難しい。

 

やはり、計画を立てるということは非常に重要だ。計画を立てることで、先を見据えて対策できるようになる。

 

当塾の中3生たちは、自分で計画も立てるし、言われなくても自習室で勉強してくれるから、ほぼ手がかからなくなった。

 

塾というのは、野生動物の保護施設と同じだと個人的には思っていて、結局最後は一人で飯を食えるようになってもらわないといけない。

 

だから、手取り足取り面倒を見るフェーズからできるだけ早く卒業してもらい、自分で考え、自分で学力を上げていく努力をしてもらわないと困る。

 

そして、高校でもOKUNO塾で身につけた継続力を武器に毎日コツコツと勉強に励み、大学受験や就職に繋げて行ってほしいと思う。

友だち追加