武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

小学生の頃の勉強って本当に大事だ。。

中学生の勉強を見ていると、

小学生の頃の勉強がいかに大事なのかがわかる。

 

たとえば、今回の数学の定期テストがボロボロだった生徒、

よくよく見ると、原因は中学生の単元ではなく、

小学校で習う知識が身についていないからだったりする。

 

このように、

中学の勉強は小学生の頃に築いた基礎の上に

成り立っていることが多い。

だから、基礎ができていないと、

その上の知識は身についていかない。

 

数学や社会など、単元学習できるものは

まだ部分的に対策ができるけど、

国語や英語は、1から戻って全て網羅しないといけないので、

ものすごく時間がかかる。

 

中学生を教えれば教えるほど、

小学生の勉強の重要性に気づく。

 

ということで、9月からは小学生のカリキュラムを刷新して、

OKUNO塾の小学生クラスをパワーアップする。

そのために、これまでと指導形態を変え、

中学生と同じように集団授業に切り替える。

 

集団授業にして、

どんどん解き方や考え方を教える。

小学生の頃は、教えたことをどんどん吸収していくので、

とにかくあらゆる解法を教え、考えさせる。

 

基本的な問題も解くけど、

どちらかというと、思考力系の問題と図形問題、読解問題、英文法といった、

かなり深いところまで教えようと思っている。

 

そして、OKUNO塾の小学生クラスで鍛えた生徒が、

のちに、中学生で成績上位になっていき、

各学校のトップ層に入ることを想定している。

 

個人塾ではあるが

中学生がこれだけ学力を身につけているので、

小学生もできるはずである。

頑張ろう!!

友だち追加