神奈川県川崎市の塾|OKUNO塾のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばのOKUNO塾

自習室の本棚

自習室には常時200冊以上の本を置いている。

参考書だったり、過去問だったり、

とにかく膨大な量を置いている。

 

これは、生徒にいろいろなテキストを

使ってみて、自分に合うものを見つけてほしいからだ。

 

たとえば

川崎市の教科書準拠のテキストだけでも5種類ある。

でも、若干構成は違うし、難易度も違う。

 

そのほか教科書準拠ではないテキストに関しては相当数ある。

もちろん、塾用の教材だけでなく

市販の教材も大量にある。

 

たくさんある中から、

自分に合うものを見つけ、それを使って勉強していく。

こういう地味なことが生徒の成績を伸ばす。

 

 

しかも、これらのテキストは

定期的に見直し、入れ替えている。

人気のないテキストは本棚から取り除き、

最近発売されたテキストなどを入れていく。

 

今OKUNO塾では、

6社の教材会社さんとやり取りをしているが、

なるべく頻繁に最新刊のご紹介などをしてもらって、

情報にキャッチアップできるようにしている。

 

また、市販のテキストの情報を集めるために

定期的に本屋の学参コーナーに足を運び、

チェックするようにしている。

 

ちなみに高校入試の過去問に関しては、

過去12年分であれば全都道府県持っている。

 

これだけ大量のテキストを買っているので、

自宅の本棚にはおそらく500冊以上の参考書やテキストがある。

もはや押し入れも段ボールに入った本だらけ。

 

量が多すぎてバザーとかに出したい。

でも、書き込んでいるものも多いから難しいかも。

 

こういう本ってなかなか捨てられないので、困るんだよね。。

友だち追加