武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

すぐやるを心がけないと、疲れやすくやる

これは何も学生に限ったことではないけど、

「すぐやる」を心がけないと

疲れやすくなってしまう。

と私は思っている。

 

仕事が溜まったり、宿題が溜まったり、

今すぐやればいいことを後回しにしてしまうと、

「後で、やらなきゃ!」と考えてしまう。

こういう連続が、どんどん精神的な疲労を蓄積していき、

疲れてしまう。

 

だから、即行動が一番ストレスが少なくて良い。

 

でも、すぐに行動できないこともたくさんある。

そういう場合はメモ帳やリマインダーに記録しておくと良い。

 

自分の頭の中に「やらなきゃいけないことリスト」を

貯めていくと、どんどん容量がいっぱいになって疲れてしまう。

だから、記憶に関してはなるべく外注した方が良い。

 

小学生の4年生くらいからスケジュール帳を持つのが良いと

教育の本には書いてあることが多いけど、

それは本当にその通りだと思う。

 

中学生になってスマホも持つようになれば、

それはGoogleカレンダーやリマインダーなどを駆使すれば良い。

私が生徒にオススメしているのは「リマインくん」

LINEで、通知をしてくれるので通知漏れが少ない。

LINEはみんな見るからね。

 

こういうアプリやソフトをなるべく使って、

自分の頭で記憶していなくても済む状態を

作り出すことが重要だと思う。

 

出ないと、全て頭で記憶しておいたら

すぐに疲れてしまうだろう。

友だち追加