武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

土曜日クラスの小学生がすでに高校数学をやっている

小学生クラスは通常授業に追加して、

土曜日クラス(+1DAYクラス)がある。

 

土曜日クラスでは、

自分のレベルに合わせた勉強を進めていき、

丸つけや解説を先生が進めるというスタイルだ。

(わかりやすく言うと、くもんと同じ形態)

 

生徒は教室に来て、

自分のテキストを開き、その日の分の勉強を始める。

各科目のその日の分が終われば、先生のところに

持ってきて、丸つけや解説をしてもらう。

 

こうやって、自分のレベルの勉強を進めていくのだ。

 

 

今、土曜日クラスに通っている生徒は

小学6年生だが、すでに高校数学を解いている。

 

ただ、流石に一人でやるのは難しいようで、

質問を受けることが多い。

 

例えば次のような問題を前回は質問された

 

|x2-2x-3| とy=x+3の交点を求めよ。

 

いやいや、小6にこれは無理でしょ。。

と思ったが、とりあえず

・絶対値の説明

・場合わけ

・関数をグラフに描き直す

の3つを説明した。

 

OKUNO塾は小中の生徒専門なので、

高校数学はしばらく解いていなかったが、

まさか小学生に高校数学の質問を受けるとは思わなかった。

 

でも、土曜日クラスをとても上手に利用しているよね。

こんなことネットで調べてわからないだろうし、

高校生の兄弟がいるとか、親御さんが理系じゃないと

なかなか教えられないと思う。

 

こういう使い方を、

他の小学生にもどんどんやってほしい。

友だち追加