武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

10月。特色検査対策開始!

10月になった。

 

神奈川県の公立高校入試は

全国的にも非常に早い。

ちなみに今年は2月14日。

 

つまり、入試まで残り4ヶ月半しかない。

 

 

10月からOKUNO塾では特色検査の対策をスタートする。

 

なぜこれまで特色検査の対策に注力していなかったかというと、

5教科の対策が優先だからである。

特色検査は、ベースに5教科の知識がある。

国数英理社。これができるようにならないと、特色検査は得点できない。

 

だから、長い時間をかけて5教科の対策に重きを置いていたのだ。

 

生徒たちはこれまで順調に5教科の点数を伸ばしてきてくれた。

ここまでできるようになれば、特色の対策に入って大丈夫だろう。

 

今年、OKUNO塾は3年目。

最も特色検査実施校を受験する生徒が多い年だ。

比率で言えば、3人に1人が特色検査実施校を受験予定だ。

 

 

偏差値で言うと、70が必要。

めちゃくちゃレベルが高い。そりゃそうだ。

だって神奈川県のトップ校だけなのだから。

 

 

例えば、OKUNO塾のある川崎市のトップ校

多摩高校

 

人口150万人を超える都市の

No.1校に合格すると言うのは、簡単なことではない。

 

そのレベルの高校に

当塾中3の、3人に1人が受験しようとしている。

こちらとしても割と緊張している。

全員受かったら本当にすごいことだからね。

 

 

この3年で、

当塾の平均レベルはグンと上がった。

 

 

開校当初は、

個人塾なんて偏差値50の高校に合格できれば御の字。

と思っていたけど、

生徒たちの学力は想像以上に伸びていった。

 

 

これも、日々コツコツと勉強している

生徒たちの努力の結晶だろう。

 

 

塾としては、

受験する高校はどこでも良い。

決して押し付けたりしないし、

実績作りのために特攻させることもない。

生徒及び親御さんが希望する高校を受けることが大事だ。

 

 

残りの4ヶ月半で、

さらに躍進していってほしい。

 

このしんどい時期を踏ん張ってこそ、

見える景色があるだろうし、

中学生の頃に、本気で頑張れるものがあることが

どれほど幸せなことか。

 

今は大変と思っていることも

大人になれば、毎日コツコツ努力してきたこの経験は

ものすごく価値のあるものだと気づけるはずだ。

 

 

頑張れ!

友だち追加