武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

退塾は空気

以前、とある塾の先生がおっしゃっていた

 

「退塾は空気みたいなもので、いちいち気にしていてはいけない。塾を辞めたい生徒には理由も聞かず、辞めてもらう。どんどん新しい生徒が入るのだから、むしろやる気のない人が辞めてラッキーくらいに思いなさい。」

 

とても人気の塾の先生だからこそ、

こういうことが言えるのだろう。

 

私は、まだまだこの境地には立てない。

 

 

退塾はできるだけ出したくない。

なぜか?

それは、入塾させた以上は責任を持って伸ばしたいからだ。

 

うちの塾では伸ばせないなぁと思うなら、入塾前に断る。

これを徹底している。

 

結局、ミスマッチが起きることが一番良くない。

塾選びは相性があると思っているので、

どの生徒にも合う塾というのはない。

 

だから体験授業を2週間受けてもらい、

合う合わないを判断してもらう。

当然、塾側でも判断する。

 

当塾では年間の退塾者は2名ほどである。

これはかなり少ないと思っている。

以前働いていた、個別指導塾だと、

年間20名以上辞めていた。

 

大手の集団指導塾だと

話を聞く限りもっと多い。年間50名以上はいる。

それでも、新規の生徒がバンバン入ってくるので

問題はないのだろう。。

 

今後、当塾では生徒の人数が増えていったとしても

年間5名以内には抑えたい。

 

だからこそ、入塾のタイミングで

「うちはしんどいですよ。ラクな塾ではありませんよ。」

と伝えないといけない。

 

入って欲しさに、

「楽しいよー。」とか「ラクだよー。」と言ってしまうと

おそらく退塾者続出になるだろう。

友だち追加