神奈川県川崎市の塾|OKUNO塾のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばのOKUNO塾

授業中におとなしい生徒は内申点が低くなる

内申点が続々と出されている。

全体的にいい感じかな。

 

一部、3年生の生徒が下がっていたけど、

後期で取り戻せるだろうから気合い入れて頑張ってほしい。

 

さて、

多くの生徒の内申点を見ていると、

テストの出来や提出物に関係なく、

ある1つの特徴があることがわかってきた。

 

 

それは

「おとなしい生徒は内申点がかなり低くつけられる」ということ。

 

おそらく、

学校の先生は授業中の態度をとても重視しているのだろう。

たとえば挙手するか?とか、発表をするか?などである。

 

 

挙手もせず、発表もしない静かな生徒は、

たとえテストの点数が良くても、内申点は低くなる。

これはぜひ覚えておいてほしい。

 

決して、授業を遮ったり、邪魔をしているわけではないのに、

点数が低くついてしまう。

 

やはり、中学の内申点というのは、

働いてから重視される、社会性とかコミュニケーション能力を

重んじているのだと思う。

 

社会人になってから、これらのスキルは重要なので、

確かに身につけておいた方が良いと思うが、

なかなか残酷だなぁと思う。

 

 

ということで、

授業中におとなしい生徒は、

どんどん挙手をして発表してほしい。

友だち追加