神奈川県川崎市の塾|OKUNO塾のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばのOKUNO塾

高校受験では何校くらい学校見学に行くのか?

あと2ヶ月もすれば、

志望校を決める時期になる。

 

そこで、これまでの生徒たちを見てきた中で

何校くらいの高校に見学に行くのかを書いてみようと思う。

 

まず、一般的な傾向として、

学力が高い生徒や、教育に関心のある親御さんほど

多くの高校見学に行く。

体感としては、公立3〜5校、私立3〜5校に見学に行くことが多い。

 

神奈川はとても高校が多いので、これくらい見学に行く。

また、川崎市は東京との県境なので、東京の私立も候補に入る。

すると、数は多くなってしまう。

 

 

一方で、学力が低い生徒は、

公立1校、私立1校というケースが多い。

 

 

さらにさらに、学力が低く、かつ教育に関心の薄い親御さんの場合、

1回も見学に行ったことのない高校を受験する。なんてこともある。

 

 

ただ、

自分が3年間過ごす高校生活なので、

1度も見ずに受験をするのは避けた方が良いだろう。

 

 

また、学力が高くても

大手塾などでよく見る光景は、

「塾の先生に勧められたからとりあえず受けてみた」

というもの。

こちらも高校を1度も見ずに受験してしまう、良くないケースだ。

 

 

個人的には

公立も私立も少なくとも3校ずつは見ておいた方が良いと思っている。

しかも1年生や2年生のうちに。

なぜ3校かと言うと、

・今のレベルでいける高校

・レベルを下げた高校

・レベルを上げた高校

となるからだ。

 

こうやって幅広く見ておけば、

ある程度は高校とのミスマッチが防げる。

友だち追加