神奈川県川崎市の塾|OKUNO塾のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばのOKUNO塾

高校の先生が塾に来る

私立高校や高専の先生たちが、

営業活動をしに塾に来る時期となった。

 

毎年結構な数の先生が塾に募集要項や

パンフレットを持ってきてくれるが、

集客に苦労している高校はどこも大変そうである。

 

OKUNO塾のような小さな塾にまで

営業活動で回るということは

相当数の塾を回っているはずだ。

 

最寄りの武蔵新城駅だけでも

20の塾があるので、1駅あたり

20の塾に挨拶をするとなったら、

神奈川だけで数千の数になってしまう。

 

授業もあって、部活もあって

そんな中で持ち回りで各駅を回るのだろうか?

 

それとも、広報係の方が担当して回るのだろうか?

 

いただく名刺を見ると、

実際に授業や部活を受け持っていると思われる先生も

営業活動をしていることが多いように感じる。

 

私立高校は塾と同じで、

存続がかなり厳しいところもあるのだろう。

教育業界全体が下火なので、しょうがない側面もあるが、

わざわざ遠方まで足を運んでいる先生方を見ると、

本当に大変なんだなぁとついつい思ってしまう。

友だち追加