武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

「まだ間に合う」って言葉は使いたくない

学習塾のチラシやホームページを見ていると

『まだ間に合う!』

という言葉がよく出てくる。

 

OKUNO塾は継続力を大事にしているので、

「まだ間に合う!」という言葉は使いたくない。

 

そもそも「まだ間に合う」という言葉を使のは

それまでろくに入試制度も調べず、

また入試対策もしてこなかった人に

多いイメージがある。

 

当塾の保護者の方々を見ていると、

中1時点あるいは小学生のうちから、

入試制度を調べたり、高校見学に行ったりしている。

ギリギリまで行動しない「まだ間に合う」とは対照的で、

早い段階から対策をしている。

 

ちなみに、神奈川県の公立高校入試の場合、

内申点が低いと「まだ間に合う」はほぼ不可能。

内申が低い場合は、おそらく二次選考で合格することになるが、

二次選考は定員の10%しか枠がない。

300人受かる高校だと、30人しか二次選考で合格しない。

そこに勝負をかけるのはリスキーだと思うんだよね。

 

だからこそ、早い段階から入試制度を知り、

どのような対策をしないといけないのかを考えるべきだ。

 

特に内申点

これは中1からなんとかしないといけない。。。

「まだ間に合う」に頼らず。早めの行動を!

友だち追加