武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

小学生のうちは生活から学ぶ量を増やす

よく小学生の親御さんと面談で話すこと。

それは、生活の中から学ぶことをいかに増やすか?ということ。

 

たとえば、スーパーで買い物に行ったときは、

親が何でもかんでも支払いをするのではなく、

子供に100円を渡して、これで好きなものを買っていいよと

お会計を別にさせる。

 

これで、数字に触れる機会は増やせる。

子供は100円の中でなるべくたくさん買いたいだろうから、

頭の中で計算をしながら、ラムネとチョコと、うまい棒を買ったりする。

この時消費税も考えないといけない。

こうやって、算数の勉強をしていくのだ。

 

本人には勉強をしている感覚がない。

これが非常に大事なことで、

勉強しているつもりはないけど、

勉強しちゃっていた。という仕組みを

親がいかにたくさん作れるかが、

学校の勉強で困らない学力を身につける鍵となる。

 

「これ買ってー」と言われて

買ってしまうと、せっかくの学びのチャンスがなくなってしまう。

子供に権限を与え、お金を渡して買わせればいい。

親がなんでもやってしまうと、

生活の中での学びはどんどん減ってしまう。

 

可愛い子には旅をさせよ。である。

友だち追加