武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

中学生の歴史を鍛える

中2の夏期講習では、社会の問題を行った。

歴史がまだまだ。

基本的な流れは理解できていても、

細かなところが覚えられていない。

 

ということで、

歴史を徹底的に鍛える入試対策プリントを配った。

このプリントは、OKUNO塾で1から作ったものだ。

市販のもので良いものがあればそれを使うが、

ない場合は、1から作る。

受かるために必要なことはする。

 

OKUNO塾は、こういう戦略立てが得意。

なぜなら、生徒たちの答えを研究するからである。

以前も書いたが、多くの生徒たちの答案を見ていると、

 

フランシスコザビエルに関する問題は解けても

ルターに関する問題は解けない。

 

聖徳太子に関する問題が解けても、

中大兄皇子の問題が解けない。

 

同じ時代の人物で、両者とも学校で習うのに

なぜ覚えられるものと覚えられないものがあるのか?

 

 

OKUNO塾では、徹底的に「なぜ?」を考える。

そして、「どうしたら良いか?」を考える

 

いわゆる

問題発見と問題解決である。

 

こうやって、原因と解決策を考えることで、

生徒たちの学力が上がっていく。

 

無駄に量だけこなすのではなく、

より覚えやすい方法で量をこなす。

 

 

これで、歴史も伸びていくだろうな。

少しずつではあるが、

塾全体の学力レベルが上がっているので、

今後も問題発見と問題解決を続け、

年々パワーアップしていく塾になっていきたい。

友だち追加