武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

中1の成長を感じた!!

先日、中学1年生の数学の授業で

生徒たちの成長が感じられた。

 

今まで数学の授業では

プラスマイナスの計算ミスが

連発していたのだが、

先日の授業では、ミスがほとんどなく計算ができていた。

 

教えた直後にできるのは当然だけど、

1週間以上も時間が経ってからの授業で、

ミスがなくなっているのは

本当に素晴らしいことである。

 

ようやく記憶に定着してきたかなぁと感じた。

 

 

ここまで、非常に苦労した。

今年の中学1年生は、開校以来最も学力が低い。

ということで、中2・中3生とは

全く異なるカリキュラムで英語と数学の授業を進めている。

(国語・理科・社会は他学年と同じ)

 

カリキュラムを刷新したのが2ヶ月ほど前。

 

 

英語では、英単語を「聞いて・発音して・書く」を

毎日の勉強に加えた。

それだけでなく、英作文を毎日行うように切り替えた。

英作文は1から全ての文章を書かないといけない。

書く問題では最も難しいだろう。

 

もちろん、これだけではない。

授業の内容も1から英文法を全て解説し直しているし、

週に1回の英語小テストも週に2回にした。

 

使っているテキストも変えた。

 

英語だけでもこれだけ変更した。

 

 

 

数学では、まず小学生の計算問題を

毎日の勉強に加えた。

1年生の数学を見ていると、小数や分数の計算で

かなり時間がかかっていることがわかった。

 

この状態で、中学生の勉強はほぼ不可能。

まず、小学生の勉強をちゃんとできるようにして、

中学の勉強に進んでもらう必要がある。

 

ということで、小学生の計算問題から中学生の計算問題を

日々10問ずつ解いてもらうようにした。

当然、テキストも刷新している。

とにかく毎日コツコツ。これが非常に重要である。

 

 

 

ということで、英語も数学も大きな変更をした。

 

この成果がようやく2ヶ月経って、見えてきた。

でもまだまだ。このままでは他の学年のレベルには

到底及ばない。

 

もっと、もっと基礎を固めて

中1生の学力を上げていかないと。。

 

 

OKUNO塾は個人塾なので、

こういった臨機応変な対応がすぐにできる。

臨機応変な対応ができないと、生徒たちの学力は

当然伸びないだろう。

 

我々は大手の塾とは違い、ブランドがないので、

とにかく実績を出し続けるしかない。

つまり、生徒たちの学力を伸ばし続けるしかない。

 

でないと、すぐに生徒たちは他の塾に行ってしまうだろう。

毎日、そんな危機感を持って授業をしている。

他の塾よりも厳しいけど、それは学力を伸ばすため。

 

 

学力を伸ばしたい生徒はぜひ、OKUNO塾へ!!

友だち追加