神奈川県川崎市の塾|OKUNO塾のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばのOKUNO塾

学校の先生に気に入られてほしい

高校受験は、

中学受験や大学受験と異なり内申点が重視される。

 

内申点は、当然テストができるかどうかが重要なのだが、

先生にどのくらい気に入られているかも重要である。

どちらかといえば、就職活動に似ているかもしれない。

 

結局評価をしてもらう人に気に入られなければ、

内申点は上がらない。

これまでにも

「テストの点が低い生徒の方が内申点が高い」

というケースを何度も見てきた。

 

学力に関係ないじゃん!と思うが、

でも社会人になったら、学力よりも

いかに人に好かれるか?といった人間付き合いの方が

大事な気がする。

 

だから、内申点というシステムは

どれだけ組織の中でうまく立ち回れるか?

を見る上では有用だと思っている。

 

で、学校の先生に好かれるためには、

やはりコミュニケーション量が大事だ。

とにかくたくさん話すこと。

 

勉強の質問をしたり、世間話をしたり、なんでも良い。

自分から話すのが苦手なら、

学級委員長になったり、合唱コンクールの指揮者になったりして、

必然的に先生と話す機会を増やしてほしい。

 

特に人数の多い中学校では、

先生に顔と名前が覚えられていない可能性もあるから、

たくさん話してアピールすべきだ。

 

こういうのは、圧倒的に女子の方が上手。

せんせぇー!と話しかけてくる生徒は、

顔も名前も覚えられやすいし、良い評価をもらいやすい。

 

私は、演技でもいいので、

先生とのコミュニケーション量を増やしてほしいと思っている。

 

それだけでも内申点への影響は

結構変わってくるものだ。

友だち追加