武蔵新城の塾|OKUNO塾 塾長のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

武蔵新城のくもんの前を通った

先日、武蔵新城の公文の前を通った。

 

ちょっと前を歩いただけだが、

迎えの親御さんや、

教室に入る生徒、

出てくる生徒など大勢いた。

 

通っただけなので、詳しくは分からないが、

とても繁盛しているはずだ。

きっと敏腕の先生なのだろう。

 

自分自身小さい頃にくもんに通っており、

とても楽しかった記憶がある。

計算がとても早くなったのも、くもんのおかげだ。

 

そんな経験もあり、

今の小学生クラスは、

授業内容を親御さんに連絡すること以外、

基本的にくもんと同じような仕組みである。

 

生徒が自分自身の勉強を進めていき

丸つけや解説は先生が行う。

いわゆる自立型学習と言われるものである。

 

地域柄、中学受験をする子も一定数いるが、

半数以上は地元の公立中学に進む。

だからと言って勉強をさせなくて良いということではなく、

最低限の「読み書きそろばん+英語」はできるようにさせたい!

という親御さんが大勢いる。

 

OKUNO塾の小学生クラスもそんな要望に応えるためにある。

 

徹底的に詰め込んでいく中学受験とは異なるが、

それでも、少しずつコツコツと勉強を進めて、

学習習慣と主体性、そして学力を身につけていく。

小学生はそれができればOKだ!

友だち追加