神奈川県川崎市の塾|OKUNO塾のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばのOKUNO塾

内申オール3ってどこらへんの高校のレベル?

最近は面談たくさん行っていて、志望校の話をすることが多い。

 

そこで、今回は『内申』をベースに高校選びの話をしたいと思う。

 

なお、今回は内申オール3だが、

 

下の記事では内申オール4の基準で受かる高校をご紹介しているので、

こちらもぜひご覧になっていただきたい。

 

okunojuku.hatenablog.com

 

ちなみに、神奈川の高校入試は内申点+当日の試験点数+面接点なので、

内申点だけで合格が決まるわけではない。

今回は、その高校に合格した生徒の平均内申がオール3以下のところのみ紹介する。

なお、神奈川県全域だと膨大なので、川崎市の高校に限定する。

 

1つ目:菅高校(偏差値38)

2つ目:大師高校(偏差値33)

3つ目:麻生総合高校(偏差値36)

 

以上。

 

 

えっ?これだけですか?

という声が聞こえてきそうだが、これだけである。

 

 

3校とも偏差値は30台で、なんと全て今年定員割れしている。

つまり、点数に関係なく誰でも受かるということ。

 

 

つまり、内申点オール3だと

相当勉強ができないと学校の先生から思われているのだ。

 

内申は1〜5の評価なので、3は平均的(偏差値50くらい)

だと思う親御さんがたまにいるが、全くそうではない。

 

オール3や、中には2があったりすると、

公立高校受験は、ほぼ定員割れの高校になる。

これは中学1年生になる前には知っておいてほしい。

友だち追加