武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

新城高校の進学実績(難関私立大のみ)

OKUNO塾は武蔵新城駅が最寄りなので、

同じく武蔵新城が最寄りの「新城高校」を

第一希望とする生徒が多い。

 

新城高校は川崎市でNo2の学力を持つ高校。(川崎市No1は多摩高校

ということで、最近倍率も偏差値も高くなっている

新城高校の難関私立高校の進学実績について見てみようと思う。

(なお、新城高校の定員は268名である。)

 

まず、私大最難関の「早慶」合格者は

毎年ほとんどいない。

同じ生徒が何学部も合格していることを考慮すると、

学年トップ10に入っていないと、

なかなか難しいのではないかと思う。

 

次に上智理科大GMARCHは、

今年はかなり数が伸びて250名となっている。

1人が3校受けたとしても、80名以上だ。

定員が268名であることを考えると、

上位30%くらいに入っていれば

MARCH以上を狙えると考えて良いだろう。

 

次は、日東駒専

こちらも、今年は合格者が急激に増えて194名。

このレベルになると、

日東駒専レベルを狙う生徒が複数受け、

MARCHを狙う生徒も滑り止め受けるので、

÷5程度が実質の進学者数だろう。

となると、40名程度。

つまり上位50%に入っていれば、受かるレベルだと思う。

 

MARCH以上の大学に進学希望なら、

新城の上位30%には入っていたいけど、

そもそも新城高校に入学するのは簡単なことではない。

 

やはり、早いうちに勉強をスタートしておくのが重要だろう。

友だち追加