武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

小学生の国語はまず質問に答えられるようにする

OKUNO塾では小4・小5・小6の生徒を見ている。

 

毎年、国語が苦手な生徒に共通してみられることが、

質問に答えられないということ。

 

たとえば、

「今日は何ページまで終わったの?」と聞いて、

「あとここまでで終わりです。」などと答える。

 

こういう回答をされたときに

親や先生が伝えないといけないことがある。

それは

「質問に答えていないよ。ちゃんと質問に答えてね。」

「今日は何ページまで終わったの?」

と質問に答えていないことを認識させることだ。

 

これは説教をしたいからではない。

『あっ私は今、先生の質問に答えていなかったんだ』と

気づかせてあげる必要があるから伝えるのだ。

 

こういうことを教えないと、

質問に答えない癖が改善されていかない。

すると、テストでも頓珍漢な答えをしてしまう。

 

だから、

日頃の生活の中でちゃんと練習させないといけないのだ。

 

こういう日頃のやり取りこそが、教育であり、

親や先生が行うことだと思う。

地道なことを疎かにしない。これは非常に重要だ。

友だち追加