武蔵新城の塾|OKUNO塾 先生のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばOKUNO塾の塾長ブログ

本番で力が発揮できない=時間を意識していないからでは?

塾で宿題として出す模試の問題は

高得点が取れるのに、

本番の模試では点数が取れない。

こういう生徒は毎年いる。

 

もちろんその原因は1つではないし、

生徒ごとに細かく違うのだけど、

でも「時間不足」が原因の生徒はかなり多い。

 

時間不足になってしまい、

本番の模試では、思うような点数が取れない。

 

 

これは、普段から時間を意識して

勉強をしていないからだろう。

たとえば、60分の模試であれば、

練習の段階から自分で時間を測って対策をすべきである。

 

これは何も模試だけではない。

問題集を使った勉強でも、

1ページにどのくらい時間がかかっているのか

把握しながら解いていくべきだと思う。

 

時間を意識してほしい科目は、

特に数学。

 

数学は「正確に早く」解く必要がある。

なぜなら、時間をかければ解けてしまうからだ。

たとえば「わずらわしい」という漢字の問題は

わからなければ、1時間悩んでもわからないだろう。

でも数学は、計算をしたり、数え上げたりして

地道にしらみつぶしで解けてしまうことが多々ある。

だからこそ、危険なのだ。

 

時間がかかっても解けてしまったら、

それでOKと生徒たちはなってしまいがちである。

でも1問に30分かかっていたらどうだろう?

到底、実践では使えない。

 

だから普段からタイマーで時間を測るなどして、

スピードアップに努めてほしい。

 

友だち追加