神奈川県川崎市の塾|OKUNO塾のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばのOKUNO塾

夢を見せるのも大事だけど

塾の先生はよく

「君なら受かるよ!」とか

「やればできるよ!」などと言う。

 

励ますことはとても大事。

生徒は、先生の励ましでやる気が上がり、

それが原動力となって勉強を頑張ったりする。

 

でも、

受験は夢を見せることだけではなく

現実を見せることも大事だ。

 

 

塾の実績を作るために、

合格確率10%くらいの生徒を難関校に

受験させることは、いまだによく起きており

夢を見せるいい例だと思う。

 

合格確率10%というのは生徒は知らない。

なぜなら先生が、

「君ならきっと受かるよ!」と言うからだ。

当然、生徒や保護者はその言葉を信じるだろう。

 

 

今年、県内No.1の翠嵐高校の倍率が2倍を超えた。

これが意味することは

受験者の半数以上が落ちたということだ。

 

無謀だとも思われる生徒も

相当数受けたのではないかと思う。

 

なぜか?

おそらく塾に大きな原因があると思う。

きっと可能性が薄い生徒も受けさせたのだろう。

でなければ、ここまで倍率が上がらない。

 

300人以上が私立高校に行ったことを考えると、

本当に夢を見せることは大事なのか?と思ってしまう。

 

授業料だって、公立と私立では数百万円も違う。

それを塾の実績作りのために、

受けさせる必要があるのか?

疑問である。

 

模試などの結果を見せながら、

最終的には現実的なところを目指すべきだ。

もちろん、本人や保護者が

私立でも構わない。

可能性が10%でも受けて構わない。

という場合は別だが。

友だち追加