神奈川県川崎市の塾|OKUNO塾のつぶやき

JR南武線 武蔵新城駅そばのOKUNO塾

人のノートから学ぶ

最近、なんとか仕組み化できないかなぁ。。

と考えているのが、

他人が作ったノートを見る機会を作ること。

 

卒業のタイミングなどで、

中学校時代に使っていたノートなどを塾に寄贈してもらい、

それを後輩たちが見て、学んでいく。

 

特に成績が良かった生徒のノートは

どのような作りをしているのか?

こういうことを後輩たちには学んでもらいたい。

 

塾としても、ノートの取り方を新1年生などに説明する際、

実際のノートがそこにあれば、説明が具体的でわかりやすくなる。

 

生徒たちは見て真似をすることは得意だから、

実物を見るのが一番良いのだと思う。

ということで、今後は卒業生たちに声をかけてみて、

もし1冊でも寄贈してもらえそうであれば、

自習室の本棚に置いてみようと思う。

 

先輩から後輩へ、代々受け継がれていくといいなぁ。。

友だち追加